お問い合わせ

国内の通報対応
「ディークエスト・ヘルプライン」

国内通報対応: 5つの強み

1.納得の実績!500社の企業で利用されている第三者外部通報窓口システム

ディークエスト・ヘルプライン 第三者外部通報窓口システムは、2003年10月にサービスを開始して以来、500社を超える企業で利用されご評価いただいています。利用ニーズに確実にお応えできるのがヘルプラインシステムです。

2.匿名/実名の選択可能、匿名でも担当者部署との情報交信が可能

匿名のデメリットの1つは、通報者から情報が入るが、担当部署から質問や改善策を伝えることができない点です。一方実名のデメリットは、通報者が犯人探しをされて不利益を被るのではないとかという不安を持ち通報が上がりにくい点です。

匿名と実名のデメリットを排除することにより、理想的なヘルプラインができあがります。
そこで、構築されたのが「ディークエスト・ヘルプライン」です。導入による効果は下記の点です。

  • 匿名通報が可能なので、通報者の不安が軽減され、通報し易い。
  • 匿名通報者であっても、担当部署から質問したり会社の取った改善策を伝えることが可能である。
  • 実名通報受付だけに限定することも可能である。

 

3.利用時間が広い

社内窓口には、利用時間に制限があります。電話窓口は担当部署の就業時間に応じて、9:00~18:00頃までが利用時間となります。同様に社内イントラメールの窓口は、従業員(通報者)が社内にいる時間帯に限定されます。

しかし、従業員(通報者)が実際に通報し易いのは、就業時間内ではなく、勤務終了後です。内部通報ヘルプラインは、これを考慮し、下記の時間帯に利用することができます。

インターネット窓口
24時間、365日
電話窓口(フリーダイヤル)
平日 (月~金) 13:00~21:00
(英語・中国語での受付は、火・木 (祝祭日は除く))
(韓国語での受付は、水 (祝祭日は除く))
封書窓口
24時間、365日

詳細はこちら

 

4:万全のセキュリティ対策

非常にセンシティブな情報を取扱う外部(第三者)窓口業務ですから、下記のようなセキュリティ対策を実施しています。

  • 機密保持契約締結
  • 暗号化通信
  • 専用サーバ24時間不正侵入監視
  • 受付担当者から「適正業務遂行および機密情報(個人情報含む)に関する誓約書」の提出
  • 受付担当者教育の徹底(配置前、定期研修)
  • 管理規程、マニュアルの整備と遂行
  • 電話受付専用室の専任管理責任者の常駐

 

5:通報受付ラインを多言語化できる

ここ数年、多くの企業様が国外へも事業展開されています。高まる「内部通報受付ラインの多言語化」のニーズに2009年から対応しております。WEB通報受付サイトを日本語版だけでなく、英語版、中国語(北京語)版もご用意しました。一度ディークエスト・ヘルプラインを契約頂ければ、英語版・中国語版サイトの設置&ご利用は無料です。

その他の言語が必要な場合も、まずはご相談下さい。日本国内の企業様で海外子会社に現地採用のスタッフを抱えている、または国内事業所で日本語以外の母国語を話すスタッフがいらっしゃる場合に有効なツールです。

  日本語 英語 中国語 韓国語
WEB通報受付サイト
電話受付
(火・木)

(火・木)

(水)
封書受付

※ ここに掲載されていない言語への対応についてはお問い合わせください。

インターネット窓口の詳細はこちら
電話通報受付の詳細はこちら
封書通報受付の詳細はこちら

国内通報対応: イメージ図

国内通報対応イメージ図

コンサルティング

ヘルプラインの運用に際して、以下のコンサルティングサービスを受けられます。

1. 導入支援

  • 規程類の作成
  • 導入研修の実施
  • 担当者向け実習の実施

2. 運用支援

  • 運用体制の整備
  • 通報対応アドバイス

3. モニタリング

  • 全てのご契約企業様に、各月の通報件数等をまとめた「マンスリーレポート」をご送付(無料サービス)
  • アンケート集計システムの構築支援、セキュリティに関するアドバイス

4. 分析・対応

  • 事案の原因分析
  • 事実関係の社内調査
  • 再発防止策策定支援
  • 不祥事広報対策支援
  • アンケートの集計・分析に関するアドバイス

社内アンケートシステムが利用できます

社内アンケートシステムがディークエスト・ヘルプライン導入企業様は無料でご利用いただけます。
(ヘルプラインを利用されていないお客さまはお問合せ下さい)

通報を待つだけでは、危険信号を拾い上げられません

どんなに優れた通報ライン、通報システムを導入しても、企業が通報を【待っている体制】では、

  • ハラスメント問題
  • コンプライアンス違反

の端緒をつかむことは難しいかもしれません。特に

  • 通報ラインの周知が十分でないまま運用している
  • 通報でばれてしまう事が怖い

といった企業風土がある場合には通報システムが機能することは難しいでしょう。

安心して利用できる社内アンケートで定期モニタリングを

アンケートを使用したモニタリングの流れ

ディークエスト・ヘルプラインをご利用の企業様からご要望の強かった

  • もっと積極的に従業員の意識を知りたい。
  • 内部通報システムは有効に機能しているのかアンケートしてみたい。

といった場合に有効な簡易アンケートツールをご提供いたします。
 
ご利用方法は非常に簡単です。

  1. ご担当者様はシステムにアンケートを設定、全社メールで一括配信します。
  2. アンケートは匿名でも受け付けられますので、誰の意見か?を気にせずに
    回答できます。
  3. アンケート結果はCSVでダウンロードできますので、Excel等を用いて自在に集計・解析ください。
  4. 定期的にご利用いただくことで、モニタリングも可能となります。

アンケートテンプレートですぐに始められる

ハラスメント問題やコンプライアンス違反に関する端緒情報収集用のアンケートテンプレートを初期導入時からお付けしますので、導入後すぐにアンケートを開始いただけます。