お問い合わせ

実例から学ぶ
「パワーハラスメント防止対策研修」

実例から学ぶ「パワーハラスメント防止対策研修」

ディー・クエストの「パワーハラスメント防止対策研修」は実践的なプログラムになっています。 弊社が運営する内部通報窓口サービス「ヘルプライン」に寄せられた、数々のパワハラ実例と問題解決に 至るまでのプロセスを熟知した「現役の専門家」が講義をおこないます。

特徴

本セミナーでは、パワーハラスメントの問題を解決していくために、組織が取組まなくてはならない、4つのポイントにフォーカスした構成になっています。

【1】組織として、どの様な振る舞いが「職場におけるパワーハラスメント」になるのかを定義付けしなくてはなりません。 またパワーハラスメントが発生する事が、組織において大きなリスク要因を抱える事実を理解する事が重要です。 これは、パワハラの行為者に対しての法的責任(刑事責任、民事責任)と企業に対する法的責任(民事責任)が問われるためです。

【2】次に定義付けにより明確化されたパワハラ行為が、職場に於いて「なにが該当事項であるか」「どのように改善すべきか」を明示し、 指導していく事が重要です。またこれらが、正しく実践されているか定期的にチェックしなくてはなりません。

【3】実際にパワーハラスメントが発生し、相談や訴えがあった場合には「事実を確認し対処する」ための、社内調査が必要です。 調査を実施するために「調査プロセスと、実践する際の留意事項を理解」することが重要です

グループワークを実施することで、受講者の理解度・認識を向上させます。

ディー・クエストの「パワーハラスメント対策セミナー」では、上記のポイントを踏まえ、それぞれのお客様の職場環境に合わせた 事例を用いて、より理解が深まるようにプログラムの構成を変更することが可能です。

カリキュラム内容 (例:一般職 2時間コース1日)

※プログラムの内容・時間はお客様のご要望に合わせてカスタマイズが可能です

1.パワーハラスメントの基礎知識

  • 増加するパワーハラスメント
  • 職場におけるパワーハラスメントの定義
  • パワーハラスメントが増加する要因
  • パワーハラスメントに対する企業の問題意識
  • 行政の取組み
  • 裁判例から見る「パワハラ事件」

2.必要とするパワーハラスメント対策として組織に求められているモノとは

  • いま、組織に求められているモノ
  • 職場におけるパワーハラスメントの定義
  • パワハラの法的責任(行為者)
  • パワハラの法的責任(企業)
  • パワハラ相談事例(実例)

3.グループワーク

  • パワーハラスメント理解度クイズ
  • パワハラとなる業務指導とは
  • 正しい業務指導の一例

4.まとめ

  • お互いを尊重する職場環境の創出
  • 職場からパワーハラスメントをなくすために

対象

正社員、派遣社員、パート・アルバイト

対応言語

講義、資料ともに 日本語・英語・中国語でのご提供が可能です。

職位に応じたコース

  • 一般職向け
  • 管理職向け
  • 受付窓口担当者向け

がございます。詳しくはお問い合わせください。

ご利用者様の声

パワハラやいじめと認められる事案が、社内の相談窓口に少しずつ多くなってきていました。
退職者などもあって、何とか対策をしなければと考えていたところ、ディー・クエストさんの研修を知りました。講師の方が少し早口で、着いていくのが大変だったという意見もありましたが、「パワハラ理解度クイズ」のところは、受講者が簡単に参加でき、好評でした。
改めて、それぞれの行動を思い返す機会が与えられ、お互いの立場を確認し合うことができたと思います。
大手製造業 コンプライアンス事業部 ご担当者様

お問合せ・資料のご請求はこちら