内部統制・コンプライアンスサービス(業務支援)

1)倫理担当部門(企業倫理委員会)
 設置アドバイス
1)企業倫理委員会の設置支援
 ①企業内倫理担当役員の任命(Business Ethics Officer:BEO)
 ②BEOを中心に「横の連携」方式の企業倫理委員会を設置
  例)経営企画室、人事部、内部監査部、財務部、人事部、営業部、等のトップで構成
2)倫理綱領・企業行動憲章
(Ethics Code)の作成支援
2)企業Ethics Code(企業倫理行動基準)の制定支援
 企業理念と行動宣言の意味するところを日常の業務において具体化するための、役
 員をはじめ全社員(パート、アルバイト等の期間従業員を含む)がとるべき行動の具
 体的行動基準となる倫理規定の策定。
3)倫理推進体制構築支援
(Codeリーダー制の導入)
3)企業倫理の推進体制
 CODEリーダー制(倫理担当責任者)の導入指導
 (各事業部門責任者を職場の企業倫理の旗振り役として、コードリーダーの認定をお
 すすめします。コードリーダーは企業倫理委員長BEOが任命します)
4)倫理教育・訓練体系の設定、実施4)企業倫理の研修体制と啓発(コンプライアンス・プログラムの浸透)
 ①CODEリーダー研修
 ・コードリーダーの活動に活かすための知識と技術のご提供
 ・企業倫理の観点から職場のリスクや課題を抽出し、グループディスカッション等によ
  り活動の方向性をつかむことを目的とします。
 ・コードリーダーは内部統制等を担当する現場におけるコンプライアンス担当責任者
  としての職責が要求されます。
 ②階層別研修
 ・役員クラス、本社の部門長・関係会社の社長クラス、支社長・営業本部クラスなど、
  それぞれの組織の責任者を対象とします。海外子会社の研修も行います。
 ・新入社員には人事部等と連動し、入社時等に人事プログラムとして別プログラムを
  検討します。
 ③事業所別全社員倫理研修
 ・企業倫理委員会とDQ社が教材と研修要領を作成し、コードリーダーに提供、教育
  を実施いたします。各職場ではコードリーダーが教材を活用し講師となって実施す
  ることが理想です。
 ④分野別、職場別研修
 ・法令遵守の徹底を目的とするセミナーで、たとえば営業担当には、独占禁止法遵守
  セミナー、研究開発担当には特許セミナー、商品開発担当にはPL法や、商標のセミ
  ナーなどをご提供します。
5)モニタリング体制構築支援及び実施5)モニタリングと体制構築支援
 ①ヘルプラインの活用
 ・社内と社外の窓口を設置し、社員はどちらでも通報しやすいようにしましょう。社員に
  はエシックスカードを配布し、周知徹底を図るようにすることが必要です。
 ②社員対象のアンケート調査の実施
 ・コードの理解度、実践度などの質問項目とともに、企業倫理委員会への要望など自
  由に記入してもらい、情報を収集します。
 ③コードリーダー懇談会の実施
 社内の状況把握とコミュニケーションの強化を目的とします
 事業所のコードリーダーと、企業倫理委員と事務局であるDQ社がフェース・トゥ・
 フェースで職場の状況や今後の課題についてディスカッションします。
 ④企業倫理報告書の作成
 ・コードリーダーの活動報告や社員のアンケート調査結果、企業倫理委員会の活動報告
  等を基に1年間の活動を振り返り、経営者、ステイクホルダーに対して報告書を提出。
  企業の透明性をアピールします。
6)問題発生時の突発監査業務(オプション)6)不正問題発生時の突発監査業務
 ①問題発生時の第三者機関としての事実関係確認調査業務
 ・企業内での不正・不祥事に対する事実関係を究明します。
 ②ステイクホルダーに対する事実関係調査報告書作成業務
 ・企業倫理報告書とは別の、第三者機関としての問題発生時の個別対応報告書を作成
  します。
7)スクリーニング7)未然防止のためのスクリーニング
 就職希望者のバックグラウンドチェック
 健全な道徳観を備えたスタッフの雇用は問題の未然防止としてとても重要です。提
 出された履歴書やレジュメに基づき、詳細な人物調査を行います。志望者と直接面
 接することも可能です。

導入事例はこちら

お問い合わせ
0120-717-055

お名前 (必須)
 

メールアドレス (必須)

企業名

部署名

電話番号

お問い合わせ内容 (必須)