不正のトライアングルとは

人が不正行為を実行するに至る仕組みについては、米国の犯罪学者であるD.R.クレッシー(1919-1987)が実際の犯罪者を調査して導き出した「不正のトライアングル」理論が、広く知られています。この「不正のトライアングル」理論は、企業不正対策の国際的資格である公認不正検査士の会員組織であるACFE(Association of Certified Fraud Examiners)の教育体系にも取り入れられているものです。

「不正のトライアングル」理論では、不正行為は、①機会、②動機、③正当化という3つの不正リスク(「不正リスクの3要素」)がすべてそろった時に生起すると考えられています。

①機会

「機会」とは、不正行為の実行を可能ないし容易にする客観的環境のことです。つまり、不正行為をやろうと思えばいつでもできるような職場環境のことです。例えば、横領行為の場合、「一人の経理担当者に権限が集中している」、「上司による証憑類のチェックが形骸化している(中身も確認せずに判子を押すだけという状況)」といった職場環境が、これにあたるでしょう。

②動機

「動機」とは、不正行為を実行することを欲する主観的事情のことです。つまり、自分の望み・悩みを解決するためには不正行為を実行するしかないと考えるに至った心情のことです。例えば、横領行為の場合、「借金返済に追われて苦しんでいる」等の事情が、これにあたるでしょう。

③正当化

「正当化」とは、不正行為の実行を積極的に是認しようとする主観的事情のことです。つまり、自分に都合の良い理由をこじつけて、不正行為を行う時に感じる「良心の呵責」を乗り越えてしまうことです。例えば、横領行為の場合、「盗んだのではなく、一時的に借りただけであり、いずれ返すつもりだった」等の身勝手な言い訳が、これにあたるでしょう。

なお、ここで注意が必要なのは、不正リスクは不正実行者本人の感じ方に左右されるということです。例えば、会社としては、不正行為を抑止するための内部統制システムを徹底的に整備して、不正行為をやろうと思っても到底不可能という職場環境を構築したつもりでも、不正実行者本人が「社内の体制はまだまだ甘い」と感じている限り、「機会」は抑止されないことになります。その一方で、不正行為を実行するしかないと心に決めている従業員の悩みの相談に乗ってやることで、不正行為しか見えなくなっている従業員の目を開かせて、その結果、「動機」が抑止されることもあります。このように、不正リスクについて検討する場合は、不正実行者の立場に立って、不正実行者が不正リスクをどのように感じているのかを考えてみる必要があります。

「企業不正の理論と対応」のご紹介

スルガコーポレーション事件、ライブドア粉飾決算事件、雪印食品牛肉偽装事件など、人はなぜ不正行為をしてしまうのか…これからの企業経営に欠かせない「人的リスク管理にフォーカスしたコンプライアンス体制強化」のために何をすべきか?
理論に基づき、実際にあった事件を分析することで、内部統制上の問題を含め、その発生要因や対応策について詳述する!

事例でみる企業不正の理論と対応
監修者:八田進二
編者: 株式会社ディー・クエスト
編者: 一般社団法人 日本公認不正検査士協会(ACFE JAPAN)
発行元: 同文館出版
ISBN: 978-4-495-19711-7

お問い合わせ
0120-717-055

お名前 (必須)
 

メールアドレス (必須)

企業名

部署名

電話番号

お問い合わせ内容 (必須)