PAGE UP

コンプライアンス調査
その他調査サービス

DQG各社の連携により
さまざまな調査サービスをご提供

国内はもとより海外調査は
多くのクライアントよりご好評をいただいております
その他のサービス
模倣品調査サービス。海外調査にも対応。
自社のブランド価値と時間をかけて築いてきた信頼を守るため、知的財産の保護強化は企業経営の重要課題です。自社ではまかないきれない模倣品の市場流通の把握や、権利侵害者(模倣品販売者)の実態把握のためのバックグラウンド調査など、模倣品を排除するためのサポートを行っています。 またDQGでは、多くの模倣品の生産拠点となる中国の法律事務所との協力体制や、「国際商標協会(INTA)」加盟の各国法律事務所との連携、「世界調査業協会(WAD:World Association of Detectives)」加盟各社との協力など、世界中の優秀な調査事業者とのネットワークにより、多くの模倣品の製造拠点となる海外現地の調査が可能です。
権利侵害対策フロー
  • 模倣品ウォッチング
    • 多くの模倣品が販売されているECサイト・オークションサイトを巡回監視する
    • ほか、該当店舗などのリアル監視により、模倣品の市場流通を把握します。
    • 模倣品流通マップを作成することにより、侵害の程度を数値化できます。
  • 模倣品購入代行
    • 模倣が疑われる商品をクライアントに代わり入手します。エビデンス保全ができ、販売者の特定が可能になります。
    • カバーカンパニーや個人アカウントの活用により、模倣品を実際に入手します
  • バックグラウンド調査
    • 権利侵害者(模倣品販売者・製造者)のバックグラウンドを把握します。権利侵害者には海外マフィアや反社会的勢力と関係する者も多く、直接的にコンタクトすることは大変危険です
    • 調査対象や取材先に調査を感じさせずに正確に情報収集する技術は、国内外の企業調査ジャンルで実績があるからこそ実現可能です。
  • 被害額算出・法的アクション
    • 権利侵害されている実態が把握された場合、その被害額を算出することは重要です。DQコンプライアンス調査部の調査技術により、模倣品の販売実績など、被害額算出の基礎となる詳細情報の収集が可能です。
    • 海外での法的アクションのサポートにも対応いたします。
知財・商標調査サービス
DQグループは、企業戦略として重要な知的財産権の獲得やコンプライアンス上重要な知財侵害を犯していないか等の調査を、関連会社であるインターマーク株式会社を通じて提供しています。 インターマーク株式会社は、商標調査データベース「InterMarkシステム」とエキスパートによるインハウス調査を組み合わせ、ワンストップで商標等の知財調査を行なっています。
  • 文字商標調査、図形商標調査
    特許庁における先登録・先出願文字商標及び、図形商標の調査を行います。
  • 商標使用調査
    誰もが行えるインターネットや公開情報のリサーチだけでは、商標使用の実態は分かりにくい現状があります。商標の不使用による取消審判、商標権の侵害、商標の不正使用や不適切な使用等の疑われる場合の確認調査など、優れた技術を身につけたリサーチャーが、正確で根拠ある使用/不使用の事実情報を調査いたします。
  • 商標証拠収集サービス
    商標に関連した特許庁での審査/審判、裁判所での訴訟における証拠資料を収集し、的確な証拠情報を提供します。
    DQGの商標証拠収集サービス
    • 熟練した知財専門調査員による高度なオープンソースサーチ
    • 熟練した知財専門調査員による書籍・雑誌等文献情報へのアクセス、証拠取得
    • 高度なヒアリング技術・能力による情報収集~現場検証
WEBからのお問い合わせ

電話でのお問い合わせも承ります

0120-717-055
(年末年始を除く 平日9時~17時)

DQ-TOPICS

コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命
2024.05.22 Wed
内部通報
【無料ウェビナー受付終了】5月21日(火)14:00開催 最新・内部通報1万人調査 結果で読み解く!通報制度改善のポイント 
2024.05.14 Tue
コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由
2024.05.14 Tue
コンプライアンス調査
【riskey】2024年4月15日リリース
取引先リスク管理の新しい形 反社チェック+モニタリング新チェックツール
2024.04.17 Wed
コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#1】「羽田衝突事故」に見た乗務員の“自立”とJAL再生
2024.04.17 Wed
不正対策教育
Governance Q【ACFE JAPAN岡田理事長インタビュー後編】不正対策で公認不正検査士が果たす役割
2024.04.11 Thu
不正対策教育
GovernanceQ【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由
2024.03.22 Fri