お問い合わせ

導入企業1000社。グローバルに対応する内部通報

【DQヘルプライン】の特徴

消費者庁が推奨する外部設置型内部通報の仕組みで設計されたツール
【DQヘルプライン・第三者通報窓口システム】は2003年10月にサービスを開始。以来1000 社を超える企業でご利用いただいております。
2014年5月には「グローバルサービス」をスタート。国内のみならず、世界各国で通報窓口 の提供を可能としました。
さらに2018年10月にはドイツ・フランクフルトにDQヨーロッパを設立。
グローバル企業や海外進出企業のために、GDPRや各国法への対応など複雑・高度化する情
報の取り扱いに対応したツール、システム、コンサルティングを提供しています。
*弊社の社名・サービスを語り、接触を図る業者がおります。弊社では通報業務の外部への 再委託は一切行っておりません。ご注意ください。

01 匿名制でありながら双方向での対話が可能 02 多言語に対応 海外からの通報も可能 03 24時間利用可能 04 Web,電話,封書 3通りの通信手段 05 万全のセキュリティ対策

DQヘルプラインは国内・海外どちらにも対応した通報システムです

国内の通報対応 内部統制に有効なシステムを導入したい 海外の通報対応 海外子会社からの通報を受け付けたい オンデマンドの通報対応 フルサポート・プラン

「DQヘルプライン」は、内部通報システムとして高い評価を受け、現在1000社以上で導入されている第三者通報窓口のリーディング サービスです
Web (インターネット) 窓口、電話及び封書と幅広い窓口を有し、匿名性の高い双方向での対話により、通報者のタイミングを逃さないスムーズな仕組みで通報しやすい環境をご提供しております。
30を超える多言語に対応しており日本国外で働く外国籍の従業員からの通報に関しても迅速な対応が可能です。

トピックス

グローバル企業、海外進出を考える企業にとって、各国における人的なリスクマネージメントはディフェンスの要です。さらに情報の取り扱いについてはGDPRや各国法への対応など複雑・高度化の様相を呈しています。​こうした状況に対しディー・クエストグループは、2018年10月にドイツ・フランクフルトにDQヨーロッパを設立。グローバル企業のリスクサポートを行うとともに、日本発の人的リスクマネジメントに対するシステム、ツール、ノウハウの提供を世界に向けて行っています。 ​

近年、不正会計・データの隠蔽などの問題・事件から、企業のコンプライアンスが注目を集めています。こうした問題・事件を未然に防ぐための対処方法として、消費者庁では内部通報制度の導入、設置を推奨してきましたが、ここにきて2018年5月「内部通報制度に関する認証制度の 導入について」という報告書を公開。実施が予定される内部通報制度に関する認証制度の枠組みを示しました。
消費者庁の動向、制度の普及に合わせて、DQヘルプラインでも認証制度に取り組もうという企業へのアドバイス、サポートを積極的に行っていこうと考えています。
ご相談につきましてはディー・クエストへお電話いただくか、お問い合わせよりお寄せください。

その他のサービス

メンタルポートsm 些細な相談事やメンタル不調者への対応

企業にとって従業員のメンタル不調は大きなリスクとなりえます。
DQメンタルポートでは「「ストレスチェックサービス」や従業員の心身の健康に関する相談を受ける「メンタルヘルスケアサービス」を通じて、組織の人的損失の防止とリスクマネジメントをサポートします。

研修プログラム リスク管理やコンプライアンスの各種研修

企業の更なる生産性の向上、就業環境の改善をサポートする各種研修を行っております。
「パワハラ防止研修」「セクハラ防止研修」「模擬通報トレーニング」「定期セミナー」など、日本語のみならず英語・中国語での対応が可能です。

お知らせ

メンタルポート ストレスチェックサービス メンタルヘルスケアサービス コラム一覧 連載インタビュー 導入実績一覧 調査報告書