PAGE UP

DQヘルプライン
よくある質問

Q
勤務先がこのヘルプラインサービスを利用しているのか分かりますか?
A
通常、会社からイントラネットや社内報等を通じて周知されます。必要に応じ、総務部やコンプライアンス担当部署等に直接ご確認ください。
Q
通報したい場合はどうすればいいのですか?
A
インターネット窓口は、パソコンまたは携帯電話から、インターネット上の専用ウェブサイトにアクセスし、ID、パスワードを入力してください。「内部通報新規登録」画面の指示にしたがって通報内容を入力、登録してください。
電話窓口は、指定のフリーダイヤル(携帯電話やPHSからも通話可能)にお電話ください。会社名を伺ったのち、ディー・クエスト担当者が、通報の内容をお聞きいたします。
封書窓口は、指定の用紙に通報内容を記載し、ディー・クエストの封書窓口に郵送ください。
電話窓口ならびに封書窓口を利用し、匿名を希望される場合は、ディー・クエストが通報者のお名前等を伏せて、内容だけを企業担当者へお伝えします。
Q
通報の内容はどんなものでもいいのですか?
A
通報の対象となる項目については、ご自身の会社の規程やマニュアル等をご参照ください。不明な場合は適宜、総務部やコンプライアンス担当部署などにご確認ください。 なお、他人の誹謗・中傷は、それ自体が倫理に反する行為ですので、厳に謹んでください。
Q
本当に匿名性は保たれるのですか?
A
インターネット窓口は、独自のパスワード技術、及び通信時暗号化技術を採用し、高度なセキュリティ技術により情報の秘匿性を確保し、通報者の特定ができない仕組みを提供しております。また、通常、インターネット窓口へのアクセスログ(サーバにアクセスしてきたパソコンのIPアドレス等を保存するデータ)を 蓄積しないように構築されており、技術的にも通報者を割り出すことが不可能な仕組みとなっております。 電話窓口ならびに封書窓口を利用し、匿名を希望された場合、通報者のお名前等はお聞きしません。
Q
インターネット窓口は、勤務先のパソコンから通報を送っても通報者が割り出されることはないですか?
A
インターネット窓口は、上記に記載の通り、通報者の特定ができない仕組みをヘルプラインシステム側に装備しております。ただし、通報者の方が使用したパソコン、インターネット環境側に利用状況監視のための特殊なソフトウェアが備え付けられている場合は、弊社に設置したヘルプラインシステム側ではなく、通報者の方が利用するパソコン・インターネット環境側で通報者を割り出される危険性がないとはいえません。このため、自社のシステム運用ポリシーやセキュリティ対策の内容についてよく分からない場合や不安な場合は、会社のインターネット環境ではなく、携帯電話を含めた個人用パソコン・インターネット環境からアクセスされることをお薦めします。
Q
実名で通報することはできますか?
A
ヘルプラインサービス(Web、Tel、封書)すべてで可能です。インターネット窓口の場合は、通報フォームの「実名で通報する場合」の欄にお名前、所属部署、連絡方法等を任意でお書きいただけます。例えば、最初の通報は匿名で行い、受取人(企業担当者)と情報交換をしていく過程でお名前等を伝えることも可能です。
Q
ディー・クエストとはどんな会社ですか?
A
企業の皆さま向けにリスクマネジメントのお手伝いをさせていただいております。
詳しくは会社概要をご覧ください。