PAGE UP

トップメッセージ
MESSAGE

ステークホルダーの為のリスクマネジメント

Risk Management for Stakeholders

 企業をとりまく環境が激変するなかで、コンプライアンス軽視による企業不祥事は、ステークホルダーは勿論のこと、証券資本市場あるいは日本社会全体、さらには世界経済にも悪影響を及ぼします。不祥事を起こした企業に対する社会の信用は確実に失墜し、存続すら危ぶまれる例も少なくありません。
そのような事態を受けて、内部統制の強化を通じたコンプライアンスの徹底が経営者の法的義務として明確化され、企業経営におけるコンプライアンス体制の構築は、営業戦略やサービス開発、マーケティング、販売管理などと同様に、企業の持続的発展に不可欠な取り組みとなっています。経営幹部は率先してコンプライアンスの取り組みを強化する立場にあり、問題が発生した時に「知らなかった」では済まされない時代になっているのです。

 内部統制強化への取り組みは、法律や基準に即した組織体制の構築や業務プロセスの管理徹底、ITシステムの導入などの仕組みの整備に主眼が置かれがちです。しかし、いかに精緻な仕組みを構築しても、それを運用、管理する「人」の意識や能力が不十分であれば、意図的な不正行為による損失リスク(人的リスク)は低減できません。不正行為は常に人間の意図が介在し、コンプライアンスリスク対策を難しくしています。
内部統制の実効性を高めるには、経営トップの率先垂範と風通しの良い組織作り、継続的な社員教育などにより組織全体が不正を許さない風土を醸成し、「正しい行いを最重要視する価値観」を共有することが不可欠です。そのためには「人はなぜ不正行為をしてしまうのか」という人的リスク要因を踏まえたうえで仕組みを強化する必要があります。

 ディークエストグループでは、グローバルなネットワークを活かした総合的なリスクマネジメントサービスの提供と、多くの経験に基づくクライアントの現状に合わせた効果的なソリューションを提供することにより、これからの企業経営に欠かせない攻めのガバナンス体制構築サービスを提供してまいります。

DQ-TOPICS

コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命
2024.05.22 Wed
内部通報
【無料ウェビナー受付終了】5月21日(火)14:00開催 最新・内部通報1万人調査 結果で読み解く!通報制度改善のポイント 
2024.05.14 Tue
コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由
2024.05.14 Tue
コンプライアンス調査
【riskey】2024年4月15日リリース
取引先リスク管理の新しい形 反社チェック+モニタリング新チェックツール
2024.04.17 Wed
コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#1】「羽田衝突事故」に見た乗務員の“自立”とJAL再生
2024.04.17 Wed
不正対策教育
Governance Q【ACFE JAPAN岡田理事長インタビュー後編】不正対策で公認不正検査士が果たす役割
2024.04.11 Thu
不正対策教育
GovernanceQ【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由
2024.03.22 Fri