PAGE UP

ニュース

2023.09.21知財調査
【商標・知財コラム】商標事件と私の山歩き里歩き  首都大学東京 法科大学院 元教授 工藤 莞司 先生

商標・知財コラム 商標調査のスペシャリストのインターマークから、商標・知財コラムをご紹介


歩く途中で出会い思い出した商標事件

 私の趣味は山歩き里歩きで、30年近く続けている。山や高原だけではなく、最近は、史跡巡りや乗り鉄も楽しんでいる。その最中に、商標事件を思い出すこともある。ご当地関係事件で、有名な事件が多い。

 浅間山事件 

先日、軽井沢から信濃追分を巡った(2023/6/19)。浅間山(2568m)の麓である。帰りの車中、「浅間山」を巡る事件を思い出した。「浅間山」は、商品の産地・販売地表示として拒絶された(32類 平成26.6.30 知財高裁平成25(行ケ)10332)。処が、「浅間山」は半世紀前には登録されていた(33.3.28 審判30-181)。その後、浅間山山麓地域は商業圏等としても発展したということであろうか。因みに、私の審査官修業時代、「阿寒湖」(31.11.26 抗告29-1468)は登録後審判で無効、「浅間山」は登録、何故かと研修の題材にされた。後者は山岳名とされ、前者は当時から観光地として知られていたからだったと思う。雌阿寒岳(1499m)に登った時阿寒湖を遠望した(2011/6/12)。



首都大学東京 法科大学院 元教授・元弁理士


工藤 莞司 先生

主な経歴

1969年中央大学 第二法学部法律学科 卒業
1964年9月-2000年9月特許庁(審査官、審判官等)
2000年10月-2020年3月弁理士登録、創英国際特許法律事務所
2004年4月-2008年3月東京都立大学(現:首都大学東京)法科大学院 教授
2008年4月-2017年3月首都大学東京 法科大学院 講師

主な受章・受賞

平成29年(2017年)春瑞宝小綬章(通産行政事務功労)
平成29年度発明奨励功労賞

主な著書

1980年2月「知っておきたい特許法」(初版~22版)財務省印刷局(朝陽会)共著
(特許法、不正競争防止法執筆)
1991年8月「商標審査基準の解説」(初版~8版)発明協会
1994年5月小野 昌延 編著「注解商標法」青林書院出版 共著
(商標法4条1項10号~4条4項 執筆)
2007年11月「商標・意匠・不正競争判例百選」共著 別冊ジュリスト
2012年5月「不正競争防止法 解説と裁判例改訂版」発明協会

DQ-TOPICS

コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#3】CA出身「鳥取新社長」を一丸で支える使命
2024.05.22 Wed
内部通報
【無料ウェビナー受付終了】5月21日(火)14:00開催 最新・内部通報1万人調査 結果で読み解く!通報制度改善のポイント 
2024.05.14 Tue
コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#2】僕が考える「稲盛和夫」に選ばれた理由
2024.05.14 Tue
コンプライアンス調査
【riskey】2024年4月15日リリース
取引先リスク管理の新しい形 反社チェック+モニタリング新チェックツール
2024.04.17 Wed
コーポレートガバナンス
Governance Q 第13回【JAL植木義晴×八田進二#1】「羽田衝突事故」に見た乗務員の“自立”とJAL再生
2024.04.17 Wed
不正対策教育
Governance Q【ACFE JAPAN岡田理事長インタビュー後編】不正対策で公認不正検査士が果たす役割
2024.04.11 Thu
不正対策教育
GovernanceQ【ACFE JAPAN岡田譲治理事長インタビュー前編】私が『監査役の矜持』を出版した理由
2024.03.22 Fri