PAGE UP

DQトピックス

 
コーポレートガバナンス

GovernanceQ【ガバナンス時評#14】自民党政治資金「隠蔽・還流」は会計軽視の象徴だ

2024.01.29

パーティー券購入不記載、企業側にも好都合


昨年末に明るみに出た自民党・安倍派(清和会)の政治資金問題は、年明け後の今も燻り続けている。2022年までの5年間で派閥から4800万円余りのキックバックを受けたとされる池田佳隆衆院議員は証拠隠滅を図り、秘書とともに逮捕された。その後、岸田派(宏池会)でも収支報告書未記載の問題が浮上すると、1月19日には自民党総裁である岸田文雄首相が自身の派閥の解散を突如明言し、これに続いて安倍派、また同様の問題を抱えていた二階派(志帥会)が解散を決めた。

この政治資金問題については、「政治にはカネがかかる」「派閥は必要だ」など論点が拡散しているが、論点の第一は当事者の「アカウンタビリティ(Accountability)の欠如」だろう。アカウンタビリティを「会計責任」と訳してしまうと、単なる会計上・帳簿上の話だと誤認してしまうが、本来アカウンタビリティとは、企業等の経済活動の実態について、財務諸表という客観的な数字情報を用いて説明・報告する際に履行すべき「説明責任」を指す用語である。どこからいくらの収入があり、何にいくら使ったのか。そうした経済行為全体の流れを審らかにして初めて責任を取れるのだが、そうした意識が議員にはまったく欠落していると言わざるを得ない。

資金が移動している以上、そのすべてについて正しい処理をして、記録を残し、必要な説明を行うというのが会計の原点であり、基本である。だが、政治家にはこうした発想さえ、ないのかもしれない。

そもそもの政治資金規正法自体が抜け穴だらけである。政治資金規正法では、政治資金パーティーのうち、1回のパーティーにおいて20万円を超える場合のみ、購入者の氏名や金額を収支報告書に記載するよう義務付けている。つまり、20万円以下の購入者は収支報告書に名前を記載する必要がない。誰が、あるいは、どの会社がいくらパーティー券(パー券)を購入したのか、追跡できない仕組みが元より許されているのである。

続きはGovernanceQへ


【2月15日16:00~開催】無料セミナー開催 

↓↓「内部通報の受付実務と通報後のデジタル・フォレンジック調査」のご案内 ↓↓

↓詳しくは下記をクリック↓

↑↑↑【2月15日16:00~開催】無料セミナー開催↑↑↑ 
「内部通報の受付実務と通報後のデジタル・フォレンジック調査」のご案内

関連するTOPICS

内部通報
無料オンデマンドセミナー【事例で読み解く】内部通報最前線~不正検知のあるべき姿~
2024.02.29 Thu
コーポレートガバナンス
GovernanceQ 自民党政治資金問題「疑惑議員」に政治刷新を期待できるか【ガバナンス時評#15】
2024.02.15 Thu
コーポレートガバナンス
GovernanceQ【油布志行×八田進二#2】新NISAで生み出す「資産運用立国」の好循環
2024.02.06 Tue
コーポレートガバナンス
GovernanceQ 【油布志行×八田進二#1】金融庁NISA導入局長が語る「“稼ぐ力”を高めるガバナンス」
2024.02.01 Thu
内部通報
【2月15日16:00~開催】無料セミナー開催 「内部通報の受付実務と通報後のデジタル・フォレンジック調査」のご案内
2024.01.29 Mon
コーポレートガバナンス
GovernanceQ【ガバナンス時評#14】自民党政治資金「隠蔽・還流」は会計軽視の象徴だ
2024.01.29 Mon
コーポレートガバナンス
GovernanceQ【ガバナンス時評#13】2024年は「既存の価値観」を転換すべき年である
2024.01.26 Fri