スタートアップ企業様へのご案内

Uber Japan や RosettaStone Japan の日本法人代表を歴任し、 “スタートアップ仕掛人” と呼ばれる塩濱剛治氏に、成長企業のリスク対策について伺いました。

成長と不正はいつも隣合わせ

スタートアップにとって成長が生命線であることは、言うまでもありません。一方でこの生命線である成長を大きなリスクにさらすのが、企業における不正ですが、成長にフォーカスしているスタートアップの場合、この不正対策がおろそかになりがちです。この生命線たる成長を守るためには、社内の仕組みづくりに加えて、専門家による不正対策や企業調査の活用が欠かせません。

グロースハックとフロードウォッチ

多くのスタートアップが、グロースハックを活用していかに急成長するか、ということに日夜努力しています。同時に現代のスタートアップに欠かせないのが、不正を日常的に監視するフロードウォッチのシステム、つまり不正監視対策です。

グロースハック(Growth Hack):企業やサービスを急激に発展させるための手法

成長戦略と不正対策

大企業でもスタートアップでも、経営者の頭の中には成長戦略が大きな部分を占めています。しかし、その成長戦略を根底から崩しかねないのが企業内の不正。専門家による不正対策は、これから成長戦略の実行においてますますその重要度が増していくでしょう。

塩濱剛治氏のお話を裏付けるデータ「2014年度版 職業上の不正と濫用に関する国民への報告書」によれば、
●小規模組織(従業員100名未満)は報告事例の最も大きな割合を占る。
●小規模組織が15.4万ドル、大規模組織が16万ドルと最も高い。
●15.4万ドルの損失が小規模組織に及ぼす影響は、16万ドルの損失が従業員1万名以上の組織に及ぼす影響よりもはるかに大きい。
としている。

日本公認不正検査士協会 「2014年度版 職業上の不正と濫用に関する国民への報告書」より引用

不正対策・企業調査の専門集団であるディー・クエストは、以下のサービスをご提供いたします

シャルウィ株式会社
代表取締役社長 塩濱 剛治氏

大阪府立大学経済学部卒業、シカゴ大学経営大学院修士(MBA)。前 UberJapan 代表取締役社長、元 RosettaStone Japan 代表取締役社長・会長。設立後わずか数年の間に、世界50カ国200を超える都市でサービスを展開する Uber において、初代日本法人代表取締役として、日本市場参入戦略立案、ビジネスモデル構築からマーケティングプランの立案実行まで、ハンズオンで指揮を取り、2014年3月の市場ローンチ成功に導いた。以前は、グローバルに語学学習ソリューションを提供する RosettaStone において、日本法人代表取締役社長・会長として、事業をゼロから立ち上げ、日本の語学学習市場におけるリーディング企業へと成長させた。その他、アスクル、SAP、阪急百貨店等で要職をつとめ、AT カーニーやアクセンチュアで戦略コンサルタントとして活躍するなど、日米欧のスタートアップから大企業まで、幅広い企業におけるマネジメント経験を持つ。現在はスタートアップや上場企業のアドバイザーを務めるとともに、新たな事業構築を企画中。

【連載インタビュー】ヘルプラインの視点から内部統制を考える

スタートアップ企業をサポートする調査サービス

バックグラウンド調査

バックグラウンド調査は、弊社独自のデータベース情報で突合、さらに官報・新聞・雑誌等の各種メディア・Webのニュース・掲示板・ブログなど公知情報のリアルタイム検索を実施します。(調査エリアは国内)ご要望に応じて、確認されたリスク要因の詳細な調査が可能です。

反社チェック

スクリーニングチェックの他、組織内の不正・汚職の調査を実施します。

リスク検索サービス

新規取引先の健全性をリーズナブルかつ迅速に調査を実施します。

競合企業調査

貴社と競合先の市場における立ち位置の確認、新規参入を検討するマーケットで先行する他社の動向を把握するなど、戦略立案する際に求められる様々な情報を調査いたします。

企業調査

データや活字から得ることのできない情報や大手のデータバンクだけではカバーできない最新の取引リスク情報をスピーディーにご提供いたします。

リスク対策教育・研修プログラム

コンプライアンス意識向上研修

確実に実施前後の差異を実感して頂けるよう、貴社のコンプライアンス研修の目的に沿ったセッションを提供させて頂きます。

ハラスメント対応フレームワーク

「抑止・防止」「早期発見」「対応強化」の3方向から解決するための手段をご提供しています。

お問い合わせ
0120-717-055

お名前 (必須)
 

メールアドレス (必須)

企業名

部署名

電話番号

お問い合わせ内容 (必須)